素材の表面をくりぬき、そこに異素材や様々な色調の木材をはめて、表面をけずり出し模様を表現する技法です。
一見プリントにも見えますが、からんの時計の文字(数字)はこの象嵌を用いています。

「華麗にかっこよく走っていきたい」・・・
華麗にかっこいいの最初の字で「ka」、走るの「run」、それで「karun」。
そして木を転がしたときの上品でやさしい「からん」という音。
そんな「からん」の響きを大切にしながらモノづくりを行っています。

  • リバークロック
  • 無垢の木の時計
  • レジンの表札・看板
送料無料
!--
ハンドメイドサイトで人気の時計
-->