カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

クラフト展中、前後は商品の発送が出来ません。

店長コーナー

斎藤 暢浩

掛け時計・木のテープカッターなど製作販売し ております。
新築祝い結婚祝い・出産祝い・プレゼントとしてご利用ください。
名入れ・ メッセージ入れが出来ます。心に残るメッセージ入れませんか?

店長日記はこちら

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

Feed

時計が正しく動かないときは
  • ホーム
  • 時計が正しく動かない ときは

 時計が正しく動かない ときは


時刻が遅れるときは?

  1. 電池の残量が少ない場合時刻が遅れます。新しい電池に入れ替えてください。このときプラス・マイナスを確認して入れて ください。
  2. 時計の針に触れたりして、時計の針が接触している場合があります。→ 時計の針の直し方を見てください。

時計の針の直し方  (針が外れたり、接触している場合など)

時計の針を触ってしまって、時計が正常 に動かなくなった場合について説明します。

  1. 時計の電池が入っている場合は電池を時計から抜いてください。
  2. 真横から針の隙間をチェックし てください。( ムーブメントの丸いダイヤルを回して、12時00分に針を移動してください。)

長針と短針の隙間が均一

長針 と短針の隙間が均一であれば大丈夫です

長針と短 針の隙間が均一であるが、時計が正常に動かない場合は木工房からんに連絡を入れてください。

長針と短針が接触

長針 と短針が接触している場合

長針の先 が少し下がっていて短針と若干接触している場合、慎重に長針の先端部分を軽く持ち上げて調整して下さい。(無理に力を加えないで下さい。)

  1.  ムーブメントの丸いダイヤルを回して、12時00分にならない場合 → ムーブメ ントが回転して斜めになった場合はムーブメントを手で直してください。時計の針のつけ直しへ 

 

 時計の針のつけ直し方

針の中心パーツ 抜く

針の 中心パーツを抜きます。

針の中心 のパーツを抜くのですが、まっすぐ上に引き抜いてください。

 

長針・短針を抜く

長 針・短針を抜きます。

長針・短 針を抜くとき右の写真の様に針を持ちまっすぐ上に引き抜いてください。

抜くとき に斜めにしたり、回転しないで下さい。

 

 

針の表面

針の 表面・裏面の確認をします。

ひだりの 写真の針は向きです。

取り付け のときは表面を上にしてください。

 

針の裏面

針の 表面・裏面の確認をします。

ひだりの 写真の針は向きです。

取り付け のときはこの面は下側になります。

 

時計の針の差込

最初 に短針を12時の位置に差し込みます。次に長針を差し込みます。

ひだりの 写真の様に爪の先で金属の所を押しながら針 を差し込みます。

その時針 の向きは向きにしてください。

木の部分 で押すと、針と金属が外れてしまう可能性があります。

 

 

同じ 様に長針も差込みます。

最後に針の中心パーツも差し込みます。

 

 長針と短針の隙間確認

長針 と短針の隙間が均一であるか確認する。

ひだ りの写真の矢印の箇所も隙間があるか確認する。

 ひだりの写真の矢印の箇所に隙間がない場合もう一度針を入れなおし隙間が開くように差し込みます。

 

 以上で作業は終わりですが、新しい電池を入れて正確に動くか確認してください。

 

何かわからないことがあれば連絡を下さい。     

木工房 からん のメール   info@karun.jp